FC2ブログ
3日から5日まで3連休をもらいました。

毎年主人の実家に帰省していたけれど、今年はイレギュラー。
ワタシの方の実家に帰ってきました。よく考えたら、この季節の帰省は何十年ぶりでした。
本当は今年1年は帰省しない予定だったけど、この冬に入院手術をした父と、長く寝たきりの祖母、そして施設で生活しているもうひとりの祖母、もちろん母や兄弟、姪っ子甥っ子の顔は2年も帰省なしでは済ませられないキモチになり帰ることを決めました。やっぱねぇ~帰れるときに帰らないと、顔を見ることができるうちに帰らないとーーって感情を持つようになるのは、親も年をとり、当然ながら自分自身もそんな年になったということなのかなぁ・・・


寝たきりになって既に数年過ぎている祖母は、もうワタシの顔もわからなくて、わずかに動くのは片腕の肘から先が少しだけ・・・でも両親と叔母たちの手厚い介護のために、とても身奇麗で穏やかに見えました。ワタシは年に一度ちょっと顔を見るだけだから、そして親は事細かにその苦労を語ることもしないから、ここに来るまでのその苦労はもうまったく実感としてはないけれど、世間でも老人介護についていつもよく語られるように、それはそれは大変なことを乗り越えてきたことは間違いないのです。

祖母は、戦争で若くして未亡人になり、子供を三人かかえて今日食べる物もない日もあったそうです。ワタシが生まれてから物心ついた頃、祖母はまだ50歳になるかならないかだったはずだけど、ワタシの記憶の中にある姿はもうすでにおばあさんでした。お化粧することもなく、贅沢も知らず、頭に手ぬぐい、モンペ姿です。ワタシは毎晩寝るときには祖母に昔話をしてもらって、何度も何度も同じクダリをねだっていました。

今寝たきりの祖母の姿を見ると、必ずその頃の自分と祖母、そしてその頃暮らしていた昔の古い家の天井の低い二階の部屋を思い出すのです。
そして、痩せて骨と皮だけになり、ほんとにほんとに小さくなって寝ている祖母の顔に自分の遺伝子もヒシヒシ感じてしまうのです。そう、やはり顔が似ているなぁ・・・ワタシがもし90歳まで生きたら、こんな顔になってるんだろなぁ~。

ちょっとリアルにいろんなことが巡りますよ。

今、祖母は幸せなのかなぁ・・・辛いだけなのかなぁ・・・
父は「おばあさんもしんどいと思うよ」


そう言いながら、まるで愛しい生まれて間もない赤ちゃんを見る目で祖母の顔や頭を撫でていました。

父自身も命にかかわるほどの病気になってしまったから(今は落ち着いてます)、改めて生きること死ぬことを身近に考える日々を送っていたのよねぇ。

そんな父と祖母の姿を写メしたワタシ。
その時、祖母の表情が微笑んでいるように見えるのは、ワタシの思い込みではないはずです。


あ~なんか何か書けば書くほどまとまらないし、きれいにまとめようと思う自分が嫌になるような。
だから、今日はまとめず終わります(苦笑)

3日間は本当にあっという間で、いつも以上に後ろ髪を引かれるような淋しいキモチをかかえて大阪に戻ってきました。

ごめんなさい、ウチの実家にしても、義父が亡くなり一人になった義母にしても、何も出来なくてごめんなさい離れていることを理由に、そうやって逃げている懺悔のキモチも含め


そして、明日6日は会社だわ。
3日分の注文や問い合わせが溜まっていると思ったら、ゾーッとしますわ。
ていうか、居ない間に、クレームなんぞ入ってませんようーーにーーー。これが一番嫌よ。
テンションガッタガタに落ちるのよねぇ・・・
心当たりがあるわけぢゃないけどね。もう憂鬱が先走ってしまうわ。

あーーーー小さいわ・・・人間がというか、肝っ玉が小さいよワタシは。
体は大きいんだけどねっ(ふっ)
感傷的になって、きれいごと書いてる自分にクヨクヨするわー(やれやれ)


さて、いい加減お風呂に入って、明日の準備もしとかないと。
スマスマ特別編の間中、これを書いたり消したりしていたので、すっかり流し見でした。
なんか広末涼子がいっぱい映っていた気がするけど~。


そういえば、帰宅してスマステといいともを再生したら、慎吾が微妙にぽっちゃりして、口周辺がうっすらきちゃなくなっているような・・・気のせいかしら?きっと気のせいだわっ(うはっ)
スポンサーサイト




2008.05.05 Mon l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ochacha.blog7.fc2.com/tb.php/694-c039d552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)