FC2ブログ
山ピーのドラマの途中くらいから、なんかドキドキし始めたね。

いやドラマの展開も最終回にむけてようやく(?)結構なドキドキにはなってましたけど

もう心は10時でしたよ。


そしてそして

衣装からしてなによこれーー!!!ワハハハハ 萌え度マックスではありませんかーー。

流石や!よくご存知です!ここにきてファンが大好きなやつ持ってきたねーー。ホッホホホホ(すでにテンション頂点 笑)

くるっと回ると、ロングなスーツの裾がヒラ~ってなるのですよ。で ですよ!!

木村さんポンパドールやし(日本一これが似合う40歳)、慎吾髪切ってるしーーぃ。

中居さん着帽でサイドの刈り上げ隠れてるし(笑)…メンバー全員ビジュアル120点ですやーーん。


そしてそして始まりましたノンストップ40分。

あのスーツでデビュー当時のアイドル曲をフェロモン出しながらも何の違和感なく歌い踊る姿に

すでに、はあはあと息も荒くなるもんよーー。(この時点で、かなりおかしな状態になっていただろうワタシ)


なんといっても、振り付けがオリジナル オリジナルですよ奥様ーーーー。

夢の中の出来事を見ているよーです。ハイ。


そして、後ろのスクリーンにドーンと当たり前のように居る森くんにも感涙です。

当時、スマがいきなり凄いフェロモン出し始めた「しようよ」や「たぶんオーライ」あたりを、成熟した大人の今、拝めるなんて ここでワタシはヨダレ垂れてたかも・・・いや垂れてた(おい)

そして2トップの映像の圧がすごくて仰け反りそうになったわ。大袈裟でなく本当にーーー。


そしてスマが6人から5人になった96年。

この頃の曲は、とにかく攻めて攻めて 踊って踊ってだった…

だから、今回、本当にサビのオンパレードだったので、中盤一番しんどかったかもしれないこのあたりも、決して休ませてもらえません。

慎吾のダイナマイトのソロは、歌ってるというより、雄叫びにすら聞こえたけど、それがまたリアルだったねぇ。

そして、2000年以降、彼らが国民的云々という大きなものを勝手に背負わされた?!ような頃、メッセージ性の強い歌詞の曲が多くなっていくのです。

どこか、手の届かないところへ行っちゃうのかなぁっていう寂しさも覚えた記憶があったなぁ。

(ライブチケットも壮絶に取れなくなってた頃だし)


そんな中のバンバカは、なんだこれー?!以上に癒されたのねーー。いや本当にね。


こうやって一気にメドレーで見ると、この40分の中に、色んな思いが巡っていったのです。


考えたら、実際手が届かない存在なのに、いつもずっと側に寄り添ってくれてる、いや寄り添わせていただいているのスマなんだなぁ。

ここにきてアラフォー(平均年齢39歳)が、振り切れたパフォーマンスを、懸命な姿を見せてくれる。

なんかもう泣けてきちゃったねぇ。



興奮をありがとう。またお宝を頂戴いたしましたわ。



めざましテレビ


終った後のインタビューの5人が、いい具合にエロかったです。

朝からいいもん見せてくださってありがとう。本当にめざましテレビにお礼のメールしようかしら。





スポンサーサイト



2013.09.10 Tue l SMAP l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ochacha.blog7.fc2.com/tb.php/2295-03812a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)