FC2ブログ
今日はね、難波のZeppに行きましたよ。

岐阜に住む大学生の甥っ子がチーム組んでダンスをしててね、名古屋地区大会で2位になって、全国大会に出場したのです。

今まで、動画では見せてもらったことはあるけど、実際に踊っているのは観たことがなかったので、その大会が大阪であると知ったら、そりゃ行くでしょーーー。

場違いなおばちゃん!?と一瞬どうしようかしらと思いはしたけど、でも親御さんたちも来ているもんね。

弟夫婦と、うちの長女夫婦と5人で観に行きましたよ。


いやーー盛り上がってたね。

そして地方大会を勝ち抜いた各地のダンスチームを目の前で見て、やはり興奮したよね。

ワタシは昔の田舎生まれの田舎育ちなので縁がなさすぎたけど、もっと最近に生まれて、都会育ちならバレエかダンスは習いたかったもん。あーー羨ましいなぁ。なんてちょっと思ったりもして(笑)


カッコよかったよー。
本当になんか感動して涙出そうになったよ。


ダンスのジャンルがロックなので、振り付けは正に、中居正広系なのよ。
おっほほほ、そこに話が行く?

ライブを思い出しちゃったりしてね。


あぁ、誰かさんはもう踊らないのか?
MCだけで人生終わって欲しくないよーーー。えーーん。

アカンそこで話が終わったらアカンやーん。



甥っ子は今年で大学は卒業して大学院に進みます。
ダンスを続けながら就活もするそうな。
頑張ってね。

めっちゃ青春していて眩しいわーい。


スポンサーサイト
2019.02.24 Sun l SMAPとかテレビとか日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こないだの日曜日に、島根の妹夫妻と姪っ子が大阪に遊びに来たので、難波の焼き鳥屋さんで宴会をしたよ。

その待ち合わせまでイイ感じで時間があったので、TOHOシネマズで吾郎さんの映画「半世界」を見ましたよ。
本当は同じ週にお友だちと観に行く約束をしていたので、フライング行為やんけーーー!!でごめんねなのだけど

既に、見た方のレビューをちょこっと覗くとファンの欲目を取っ払っても上々な様子で、2度見ても満足な映画だと確信もしたのでね。
居てもたってもいられず見ちゃいましたよ。
(そして思ったとおり素晴らしかったので、2度見たよ。)



スクリーンは客席100人くらいの小さめなところだったけど、なんと満席!
男性客も結構多くてね。




↓思いっきりネタバレ






いやはや、ちょっと最後は本当に驚いた。
でも最初のシーンの木の根っこに埋めた中学時代のタイムカプセルを掘りに行くところの二人の服装で・・・あ、これはもしかして!と予感はしてしまったけどね。


あぁ、まさか吾郎さんが棺桶に入るシーンを見ることになるとはっ。
(後で舞台挨拶で5回もNG出したと聞いてちょっとフッとなったけど)
正直直視するのが辛い気持ちになっちゃった。

この映画を見た多くの人は、おそらくアラフォー以上の50代、60代も多くて、実体験として自分の身内や、友人知人の身近な人を見送った経験を持っていることでしょう。
映画の世界が普通の人の普通の生活がベースになっていることもあり、自分の実体験がストレートにオーバーラップしちゃうよね。

初乃が霊柩車の中で空を見上げて「雨あがりますかねぇ」とつぶやいたシーン
そう、突然夫を失って、受け止めきれない悲しみとショックに襲われて、急に非現実的な場所に引きずり込まれて、何がなんだかわからなくなってしまうあの時間の中・・・
それでも自分が日常を送っている現実の時間も流れていることを感じる瞬間があるのです。
あぁいったところがすごくリアルなんだよなぁと思ったのです。


あぁワタシのボキャブラリーの貧困さも含め、文章力がなさすぎて悲しいんだけど、とにかく
良い映画でした。

時が経つにつれて、じんわり沁み込むような、悲しい結末なのに、心に温かみが残るんです。

親子、夫婦、友人・・・自分が生きる世界を思うことが出来る映画です。


そして、吾郎さん。
現実の吾郎さんは紘と真反対のところに居るような人なのに(笑)
その映画の中には、39歳の紘が息づいていました。
役者さんて凄いね。

歩き方はやっぱ吾郎さんだけど(笑)

あ、山の中で一人空を見上げているところで、大き目な黒目の深く濃い色を見た時に「ご、吾郎さん」と呟きそうになりましたよ。
隠し切れないスタアな部分を感じたのはそこくらいよ。

あぁあれは現実というよりファンタジーな幻想的な紘の頭の中のようなシーンだからいいのかも。

↑上手い事表現できないわーい。



夫婦の会話がね。あるあるすぎてクスっとなった。
長年連れ添っていくと、お互いに考えていることがわかりすぎて、答える前に被せてしまって
結局、そんなこと言ってない!でもどうせ思ってるでしょ!
みたいな不毛な言い争いになるのよ。

すごいわー脚本がねお見事。


あと、ハセヒロやっぱカッコイイ。
一度でいいから生で見てみたいわ。(NHK大阪行ったら会えないか?そんな甘くないか(笑))

2019.02.23 Sat l SMAPとかテレビとか日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんっちは。

まだまだ寒いですね。でも2月も後半突入よ。

昨日から新しい地図のファンミーティング始まりましたね。
twitterから流れてくる楽しい様子に今からワクワクね。
(ワタシはもちろん大阪参戦)

剛が仲間でミートと称してらっしゃるけど、そうなんかっ(笑)

ファンの間では普通にファンミね。



中居さんのラジオ

中居さんて本当に基本わけからん人なんだけど(褒め言葉)

でもその時持ってる空気って割と伝わってくるよ。
ざっくり何かあったのかな?
通常モードなのかな?くらいだけど

しかも本人が平常モードっぽく淡々としている時ほど裏では何かあったかもしれんと
勘ぐってしまうクセもつけさせられたしーーー(笑)


あぁ結局
コースターに乗り続けていくのよーー。

中居ヅラしながらねーー。

で、一体何を変えた?

ワタシがパッと思いついたのは、単純に

※白髪(今はサイドのみ)をオープンにし始めた。

※前髪の分け目変えた。

くらいしか思いつかなかったね。

2019.02.17 Sun l SMAP l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は午後3時過ぎまで会社で事務仕事をして、その後なんばまでお出かけ。

久々に道頓堀あたりに行ったら、まぁ普段から確かに人が多いところではあるけど、なんだこれお祭りなのかなんなのか!?というごった返し方。とにかく人人人、しかもほとんど外国人。あぁそうか旧正月なのよねーー。
とにかく前にまっすぐ歩けないほどの人でしたわ。

スマ友さんと普通にご飯食べよかって話だったけど、DVD見ることできるカラオケ屋さんで、久しぶりに見ちゃう??ってことで
本当にひっさしぶりにライブDVD見ましたよ。

Mr.Sね。

一番最新のライブ(あえて最後のライブとは言わないけど)
なのに、どこか遠すぎる昔のような、頭が自然に避けていたからなのか、セットリストをかなり忘れていて、ある意味新鮮に見ることができたわ。

とはいえ、ガン見すると、なんともいえない感情
悲しみのような、切ないような、なんて理不尽なのかしら・・・というような
感情が湧き出てきて泣きそうになっちゃうので、あえて、流し見
会話のBGMのような感じで見たわ。心は正直ね。


でもなぁ、もう一生この5人が集まった姿を見ることができないとは思えないのよねぇ。
もちろん願望ありきなんだけど、なんかきっとあるって思ってしまう。
いや正確には思いたいんだろうな。


特に今現在まったく踊ってない歌ってない上二人を見るとね、いけません@@@@@@@@@(´;ω;`)ウゥゥ


まだ、時期尚早だったのか。。。いやどうなのか。わかんないわーーー。



ということで、カラオケ屋さんは密室ゆえ、ものすっごい好き勝手なことが話せていいわーー。
楽、楽よねーー。(笑)
もう人には聞かせられない勝手なことばっか話してたもん。(笑)




来月はファンミね。
なんだかんだ楽しくやってられて、幸せ感謝なんですけどねー。

2019.02.08 Fri l SMAPとかテレビとか日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は朝から歩いて歩いて、2時間近く近所を用事しながらお買物するためにたくさん歩いたのね。

スマホについている万歩計がどのくらい刻んだかしら?と楽しみにして見たら、そのアプリがうまく起動していなくて「0」
なんでやねーーん!!!たまにこういうことがある。
ま、数値のために歩いたわけじゃないからいいけどさぁ。


帰りにイオン(元ダイエー)で恵方巻を2本買ったよ。

お昼はお吸い物を作って頂きました。
どこかの方向をむいてまるかぶりしたわけじゃなく、普通に切って食べたけど(笑)


一昨日、取引先の方に大き目の鰯を貰ったのね。
節分は丸焼きするのが本当なんだろうけど、これも普通に下処理したあと、半分は下ろしてフライに。
残りは今夜の夕食に甘辛く炊こうかと。
卸売市場関係の方から貰ったらしく、身がほくほく柔らかく美味しかったです。

節分の豆まきなんて、もう何年もしたことないなぁ。
いや、今のところに越してきてやったことないかもしれない。

ななにーのものまねが結構面白くてキャッキャと笑いながら見ましたよ。
といっても、夜に久々にワイン飲んだこともあり、途中から爆睡してしもて、気づいたら12時。
また来月!!という慎吾の声が響いておりました。
あぁ・・・
久々にちゃんと日曜日の夕方から家にいたのにダメねぇ。


次はひなまつりなのね。
ファンミ間近だわー。
また一ヶ月、あっという間にやってくるのねーー。


節分もだけど、お雛様ももう10年以上出してない気がする・・・💦

2019.02.04 Mon l SMAPとかテレビとか日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日はね、昼間会社に出勤した後、夕方から天王寺で舞台を観ましたよ。

お友だちのご子息が脚本演出のお芝居でした。

普段は全く別のお仕事をしているんだけど、彼にとっては2作目の作品です。

50~60人の小劇場でしたが、パンッパンの満席で90分間の熱気あふれる舞台でした。

想像していたよりもテーマは重く(誘拐、DV)、しかもとてもタイムリー。(もちろん偶然ではあるんだけど)

登場人物は7人と少人数でテーブルと椅子と電話機が置かれていて、大掛かりなセットも場面転換もないシンプルな舞台だったけど、十数年の時を自在に行き来しながら物語は進んでいき、見ている側がそれをとてもすんなり受け入れて、情景や感情を受け止めることが出来たのは、よく出来ているなぁとほんっと感心しました。

ちょっと幼い頃からの彼を知っている身としては、頭の中身を覗いて見てしまったような気恥しさも持ちつつ(親戚のおばちゃん状態やね。(笑))、これからも、益々楽しみですーー。って無責任なことを言うけど、でもきっとそうなるよね。うふふ。



2019.02.03 Sun l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
なんかもういたたまれないのよ。


嵐の会見の映像が映るとチャンネル替えるかテレビ切っちゃう。


どんな言葉があてはまるのか考えたけど、やはり大きな意味でいたたまれないわ。

たぶんワタシがSMAPファンだからというのもあるけど、いやそれが大きいのだとは思うけど、そこを引き算したとしても、その感情を拭えないのは何故かしら。



彼らの口から出た言葉の中にはとっても重要で本当の事がいっぱい詰まっているだろうし、誠実さも感じるところもあったしね。


でも、設定(まずは服装、会見の場所、雰囲気等々)が出来過ぎてて嘘くさいのよ。

そして、SMAPやタッキーなど、近々に解散や引退、退所した人達の話、本人たちの恋愛結婚のこと、誰一人聞かないとゆーのが不自然でしょ。別に聞いても彼らはちゃんと答えられたと思うけどねぇ。

台本なかったとしても、あったように見えてしもて、そう、見てられないんだわ。これワタシはね。世間は違うとは思うけど(笑)


とにかく最小限のダメージでいけるように力を注ぎましたとゆーのが透けて見えてしもてね。



辞めたくない人が辞めさせられて、辞めたくて辞めた人は干されて、辞めたかった人が辞められなくて
労働基準法と無縁のこの世界の未来はどこへ向かうのかな。


これからの有望な未来のスターの卵たちがが、ここに所属したいと思える場所でないと先は険しいんじゃない?



知らんけど。←ずるい常套句(笑)

2019.02.01 Fri l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top