FC2ブログ
昨夜のグランドフィナーレの後、ポッカリ穴があいたようなような気分になっちゃって、書いては消して、書いては下書き保存して・・・
ようやく夕方ここ開いて結構な長文打ってたんですけどね。
PCが突然フリーズして、再起動したら全部消えてたとゆーー。

もう同じこと書けないや。トホホ。

昨夜は、まずは今後も絶対ありえんだろうという、お笑い界のモンスターたちが同じステージに集まった歴史的な瞬間でしたね。
興奮したわー。

そしてこれはいったいどう着地すんねん!!番組半ばで胴上げってーーあとどうなるの?
と、久々に本気で先が見えない感じになってましたが(わくわく)

CM明けに、この方々から歌のプレゼントって登場したのがわれらのSMAPさんでっせ。
オープニングからスマシプがスーツだーって思ったら、歌の衣装で正装だったのねー。
右の襟にはタモさんのトレードマークのグラサンアクセサリー、左胸にはThanksの飾りがついた真っ赤なコサージュ。
素敵すぎるわ。てか本日もオーラ全開。
キクちゃんから紹介されたとき、扉からキムゴロー、レギュラーの席からスマシプがすくっと立って出て来て揃う。


たまらん瞬間でした。

ありがとう♪
ピッタリすぎてヤバイ曲だね。中居さん途中ですっかり涙目。
慎吾は最後の方完全に歌えなくなってたし。
最後に5人からありがとうって囲まれて、満面の笑みのタモさんは、「これで私もSMAPになれました。」とオチであったかい笑いに包まれるのでした。


そして、最後の感謝のスピーチ

慎吾の子供のように感情溢れ出る言葉に
ワタシも涙腺完全崩壊ですよ。
タモさんはきっと…慎吾が辛くて、苦しくてたまらなかった時も、決していらないことも言わず見守ってくれていたんでしょうね。「大丈夫だよ」ってその存在そのものでね。

剛のスピーチ聞いてたら、あぁ、たとえ番組が終わっても、タモさんとの関係性は一生同じで続いていくんだろうなぁって。きっと来年のお正月もタモさんちに居るんだろうなぁ。当たり前のように。
そういう気持ちを感じさせてもらえたスピーチでした。
表情がとっても素敵だったなぁ。

で、中居さんよ。
ホンマに表現に語弊あるかもしれないけど
上手いわーーー。

バラエティが終わるということの残酷さ、さみしさを語り、会場や視聴者が共感し
タモさんに感謝していると言われて嬉しかった話をして、感動させ
最後に、師匠を弄ってきっちりオチをつけて笑いととって。
もう完ぺきやーん。
それが、彼のたくらみとまでは言いません。だって本当の気持ちだもんね。涙だもんね。
スピーチ終わって、しれっとした顔して自分の席に戻ったとき
師匠のうめいているような声と表情、中居さんの「してやったり顔」がたまらん。あははは

iitamo.jpg

最後に師匠が、タモさんは港だ、タモさんに会いにいける番組を作るべきだって言ってたけど本当だね。
楽しみに待ってますよフジテレビさん。


で、興奮しまくって泣いたり笑ったり、雄たけびあげたり忙しかった3時間半ですが。
誰もいなくて一人きりで見てました。
番組も全部終わりの頃にダンナが帰宅したので、その興奮の様子を話してもリアクション薄っ。
そりゃmぁそうですよ、年度末でしかも消費税アップ前の超多忙なときに、疲れて帰宅してそんな話聞かされてもねぇ。

番組中、ツイッターやラインで気持ち共有できた友達や身内がたくさんいて良かった。
そういう意味では良い時代になったもんやで(笑)


そんな訳で、今日はお休みだったので朝からネットしまくってたら、なんとも言えない気持ちになって浮上できない感じで時間過ぎてしまいました。
これって典型的なタモロスかもね。

笑っていいともって、日常の風景みたいなところもあったからね。
ワタシにとって一番印象的なのは観覧できたことだけど、次に忘れられないのは、番組が開始してもう何年かは過ぎたころだけど、娘を出産する時に、陣痛がなかなかこなくて予定日をだいぶ過ぎた日に、陣痛促進剤の点滴うけながら病室で笑っていいとも見てご飯を食べた風景。
非日常的なことが自分に起きているけど、テレビは普通にお昼の番組やってるなぁってボーっとした気持ちでベッドの上で思ったものです。
そして、その日の夕方におかげさまで無事に出産できました。(超安産で)
その時の赤ちゃんが、先月結婚した長女なのです。歴史だね。
そう、こうやっていろんな人の歴史の中にいいともが存在していたってことなんですね。

とはいえ
もう当事者の方々は新しい場面へ向かっているんだよ。
そうねそうなのねー。
でも今日一日くらいはそんな感じで過ごしたのも良かったかな。(感傷的だな)


さて、明日もお休みで、ちょっくらまったく別件でお出かけしてきます。
それについてはまたね。



スポンサーサイト



2014.04.01 Tue l SMAPとかテレビとか日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top