FC2ブログ
なかなか書き出せないまま時間がどんどん経過しています。
重い腰を上げてパソコンのキーボードを打ち始めた私。

あまりにも濃くて幸せすぎた時間で、いったいどこから手をつけたらいいやら…途方にくれていたのかもしれないな。

10月8日9時半過ぎ、新大阪駅で今回同行する友と待ち合わせ。会った途端お互いの口から出た言葉は「あぁこの旅で夏が終わるね…」これからやってくるパラダイスを前に既に感傷的になってるなんて(苦笑)。でもこういうのってわかるでしょ? 実に実に贅沢な気持ちではあるんだけれど。おっと何先走ってるのよ!と気持ちを持ち直す。

東京はちょうど1ヶ月ぶり。前回の国立の時と同じホテルだったので、スイスイと現地到着。水道橋の駅からドームに続く陸橋では、まだ開演5時間前だと言うのに人々…「チケット譲ってください!」の紙を持った人も沢山いた。

ホテル横のレストランで友人達と合流。今年は去年参加できなかった友人も参加できたので、結構な大所帯になった。私たちの仲間内って、大半が九州と関西の人間で、普段は遠く離れて暮らしているのに、この時期だとわずか2ヶ月の間に4度も顔をあわせたりできる。ホンマに近くに住んでる友人よりも遥かに会う頻度が高いのだ。会った第一声が「ぜんぜん久しぶりじゃないねー(笑)」

私がスマライブに遠征するようになって(そもそもデビュー自体が地元が外れて広島だった)、不思議な縁で集まった仲間たちとはもう切っても切れない関係になってしまった。たぶん、彼女たちがいなかったら、私はひとつのツアーでこれだけ何度もライブ会場に足を運ぶことはなかったと思うし、どれだけSMAPが好きでも、嬉しいときも哀しいときもこれだけ熱い感情を分かち合えることもなかったんだろうなぁ~。

おっと、やはり妙にシンミリしてるぞ(笑)。

さてさて、オーラス1コ前の8日ライブは、席でいうとスタンドの一番上から数段のいわゆるお☆さま。でも中に入ってみたら、なんていい眺めなの!!予想外にアリーナが狭いのでステージが近い!とちょっと感動してしまった。私の席は本当に何も目の前に障害物がなくてメインステージも花道もキレイに見渡せたのだ。ただ、ほんっとに想像してとおり、めちゃめちゃ急傾斜だった。いや~高所恐怖症じゃなくてもココは怖いっすね。

ま、そんな話はさておき、前にも書いたけど、今日はお隣りは濃い~中居ファンなのだ。そして今日は果たしてあるのか中居復活祭!ってーことで開演前からソワソワとしながら待っていたのです。

そして開演、VTRの後、スモークの中からキタキタキタ!!!!!!5人のマントの男たち。おおおお!!!私んとこだと双眼鏡にキッチリ5人が収まる位置ではありませんか。

Dear WOMANのイントロが始まった時にまず一回目の心臓ドキドキ飛び出しポイント!ドキドキドキ・・・・

あぁぁぁ中居さんが踊ってる!!

もう、この事実に大感動!あの国立で曲が始まった途端、ズルズルとフォーメーションから外れて後ろに下がっていく中居さんの映像が頭から離れなかったので、一番前で踊ってるという事実に大喜びしましたよ。えぇ隣りの友とも気づけば熱い抱擁を、そしてその隣りの友(熱烈木村ちゃんファン)が、私ら以上に号泣していて、それ見て更に感動!!

そうなんですよ。私らの仲間ってそれぞれに一番贔屓のメンバーは居れど、結局は5スマが大好きな人たちばかりだからね。日々メンバー全員の露出を追いかけている人たちの集まりなのです。

続くTAKE OFF、あぁこんなフォーメーションだったのね!と元に戻った立ち位置を福岡以来約2ヶ月ぶりに見る。とはいえ福岡のことはもう記憶が全然といっていいほど無いんだけど。

途中で、メンバーの元気な挨拶が!
が、ここでさすが東京ドームや!と思ったのが、音が割れまくってメンバーが何て言ってるか聞き取れないのよ。去年に比べたらはるかにマシだとは聞いていたけど(去年は聞こえないコールが木霊したもんねぇ)、やはり高いところってこんな感じなのねと実感。それでもなぜか「中居正広復活!」と言ったのはなんとなく聞き取れた(笑)。

とにかくメンバーの笑顔がキラキラとはじけんばかりに輝いている。そしてめちゃめちゃ群れて仲良しオーラが出まくってる。
もちろん今までの各地の公演でもそうだったけど、やはり東京はSMAPのホームでもあり、そして最終公演(いや1コ前だけど)、フォーメーションが本来のカタチに復活、オーラス目指して全国各地の濃いファンが集まる正にヲタの集会(笑)…等等 いろんな幸せが更に重なっているからかな。そう感じる私たちファンの空気もメンバーにヒシヒシ伝わってるんだろうなぁ…とにかくちょいと異様(言葉選びが合ってる?)なくらいの盛り上がりでライブは始まったのです。

さて、映像では滝の中で5人のシルエットがあるのに、実際は4人しか出てこなかったダンスゾーン。
今日はついに出た!パァ!!(ますだおかだかい)
水が引いた向こう側に5人が、まさに「ただいまっ」って顔で立っている(と、私には見えたのよ)。
ここ、黄色の衣装の中居さんはおどけてヒョコヒョコ踊るので、以前からファンの間から自然発生的に名前がついた「ひよこ」(笑)。
そのひよこさんも復活してましたよ。えぇ、もう本人も「オマエラ可愛い!!とか思ってるだろ」なんてシッカリわかってるのよねぇコレ。ハイ、しっかり何度も連呼しました。

きゃっわいいい!!!!腹立つくらいに(笑)

MCは…
あれ?記憶がない(爆)

それはたぶん翌日9日のがあまりにインパクトがありすぎて、記憶がなくなったのでは?(私の記憶のキャパシティってそんなに小さいんかいっ)。

細かいとこは、いろんなところでレポ出てますから~そちらをご覧ください(と逃げてサックリ次に行くわたし)。

星空の下のときのペンライト効果は、何度あの場に居ても同じように「おおおおお」と反応してしまいますな。
特に高い所から見渡したペンライトの星空は格別に美しかったです。

あ、思い出した!MCで、「今日はビデオ録り」という話が出たわけだけど、確かにカメラが各所に沢山あって、アリーナなんてカメラのために席がいっぱい潰されていて、「あそこに本当は何人入ったんだろう」と…それと同時にチケットが手にできなくて外に居る沢山のファンのことを思った。仕方ないとはいえ、本当に沢山席が潰されていたからねぇ。その上更にこの2日間は関係者(芸能人や業界人)がいーーーっぱい招待されていたからね。

そして、8日は空撮用の空中を走るカメラ(オリンピックで陸上や競泳の時に選手の横を走ってるカメラと同じやつ)が大活躍していた。これがね意外とクセモノで、私の席からスマを双眼鏡で観察するとき、視界を何度も何度もシャーッシャーッと通るのよ、ウザイくらいに(笑)。あの絶景ポイントだったスタンド上部で、まさかあのカメラにシャーシャーと邪魔されるとは開演前には考えてなかったわ~。でもたしかに良い映像は撮れてるんだろうなぁと12月に発売されるDVDを想像してみるのでした(フタをあけて、あまり使われてなかったら怒るで…笑)。

さてさて、待ってましたの黒ロング衣装のダンスゾーン。
中居さんの手からは杖は消えていたけれど、こっちも本来のフォーメーションに戻って、超カッコイイSMAPが次々に繰り出されるのだ。あぁもうダメ助けてぇぇぇ殺される!!(騒ぎすぎて既にヘトヘト)。
またまた、私の体内の針は完全に振り切れ状態になって記憶がポン!!(読み返すとごっつい大袈裟だけど、実際本当にそんな感じだった私)。

とても順を追って書ききれないから、いきなりココに行くけど、やはりこの日のMAXは、中居ソロの復活でした。

だって、だって…

ありえんでしょうあれは!!
もう私マジで目を疑ったもの。

国立以前は、相手のおねーちゃんとデュエットとはいえ、たいした絡みはなく二人で歌い上げるって感じだったのに。
いきなり最初のサビ後に、あの中居さんがおねーちゃんの肩を抱いて、んでもってその手が頭をナデナデ、髪をさわさわ・・・・

もしもし?い・ま・な・に・し・ま・し・た!?

唖然としてる間もなく、今度はおねーちゃんの腰に腰をピッタリくっつけてグイングインだの、次はいきなり千手観音始まるわ、あげくに女性ダンサーのショートジャケット衣装を脱がしはじめる、次々に3人も。そして終いにゃ中居さん自身が脱がされる。


あっはははははははは!!!!

会場の中には「いやあああ!!!やめてーーー!!」なファンも多かったらしいけど、私は「大人と書いて大概なオトナ」なので(爆)、絶叫しながら大喜びしておりました。

マサヒロ!!!あんた休んでるウチに何仕込んでるんよーーー!!!ワハハハこりゃオオゴトオオゴト祭りじゃ祭りじゃっ!!

てね。

オチもダンロップやシーマや結膜炎やら…スクリーンにまで仕込む仕込む(結膜炎は会場が引いたような気がしたけど)。

あぁまたしてもヤツにやられてしまった。もっていかれた!敗北感(え)

ライブ後、仲間たちで予約しといた居酒屋に集まったときに、みんなの口から出たのは「くうううう!!!中居にやられた!あのクソオトコ(褒め言葉)最高!本日の優勝!」って。

そして、私と同席した友(中居ヲタ)二人は、宴会後水道橋の横断歩道をK1の勝者のように両手ガッツポーズで渡っていたらしい(本人に記憶なし)。手がつけられないキモチワルイ二人だったらしい(笑)。

仕方ありません、めったにないことだから(ハハハ…)。

私ね、まぁ読んでくださる方はお分かりとは思いますが、完璧中居寄りの5スマファンなんですけどね。んで、ライブも毎年複数回行かせてもらえるお陰で、5人をいろんな角度で満遍なく見て楽しんでいるんですよ。

でも、今年はねぇ…さすがに今年はそういうワケにはいかなかったね。今年ほど中居さんを目が追いかけた年はなかったなぁ…。

それを一番痛感した8日ではありました。


スポンサーサイト



2006.10.14 Sat l SMAP l コメント (0) トラックバック (0) l top