FC2ブログ
こんにちは。
このところあれこれと落ち着かなくて時間ばかり過ぎていっている感じ。
いや、フルタイムで働いていた頃を思えば全然のんびりなのですが。(ホント体は楽を覚えるものね。)

ここのブログを閉じてしまうことはしないとは思うけど(先のことは断定できないけど)、ブログよりInstagramをメインでゆるゆるとやっていこうかと思い始めております。


知ってる人はとっくに知ってる。

ワタシのインスタ

とってもフォロワーさん少ないデス。
フォローはミーハー丸出しです(笑)



画像ありきなので、更新は頻繁ということはないです。


また気がかわるかもしれません。

要するに先のことはわかりましぇん。



わざわざ宣言するほどのことでもありませんでしたね。(^^ゞ


じゃあねーーー♡♡

スポンサーサイト
2019.05.20 Mon l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
どうもっ

令和元年になりましたー。

1日から3日まで夫実家へ帰省しておりました。

いまのところそれくらいかな。



娘たちが独立して数年経って、今はこういう休みもほぼ夫と二人っきり。

子供たちが小さい頃には将来的そうなったときに夫婦二人で過ごしていけるのだろうかと、結構不安もあったけど

年取った分、大人になっ分・・・波風立たせず穏やかに過ごすことをお互いに学習したというか
人間が丸くなったのでしょうか(笑)
平和にやっております。狭いマンション暮らしなのに、食事以外は別の部屋で好きなことしているけどね。(^^;


昭和に生まれて昭和に成人もして
昭和の終わりの方で結婚して出産しました。
実は今住んでいるマンションも昭和の終わりの方で購入しましてん。


そして、平成は子育てメインでスタートして
仕事は前半はその傍ら自宅でデザイン系
後半は外でパートに出たり、会社員になったりと働いてましたなぁ。

平成の一番大きな出来事は、やっぱSMAPに出会えたこと
そしてSMAPを通して知り合った沢山のお友だちに恵まれたこと。
今もそのつながりがずっと濃く太く続いていることかな。
本当にありがとう。楽しい想い出がいっぱい詰まってる。
(いつか令和でも集合できること、全然夢だけで終わらないと思ってますよ)

気づけば、相当ええ年齢になってしもたけど、精神年齢は昭和とほとんど変わりないような気も。
あぁ外見はめっちゃ変わったことは否定しません。いやそれが自然よ。(笑)



令和元年の初日5月1日は、ワタクシ的にはちょっと大きな出来事があったのね。
あぁこれは忘れられないなぁと思った。
それが何かというのは、言えないけど。(なら書くなってことになるね。すまんです)


とにかく、穏やかに年月をこれからも過ごせていけますように
祈りつつ
我が生活精進していきまっせー。

2019.05.04 Sat l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちはー。

遂に決定、次の元号は「令和」

ほほう。

平成よりは響きいいかな。

ネットの時代だけど、あんまり荒れなかったようで。
何に決まっても文句言うのかと思ったけど。


ていうか、安倍総理がまさかの世界に一つだけの花を絡めてくるとは。。。。。。。。。

なんか、こそばいというか、まーーノーコメントで(笑)




平成が決まった時、ワタシは絶賛子育て真っ最中でね。(娘たちは今三十路)

今住んでいるマンションでテレビ見ながら知ったなぁと。

今回は、ちょうどヨガ教室でして、知るのは終わった後にスマホの速報でかな?と思っていたら、たまたま教室の隣のホールで、グランドゴルフかなにかの団体さんが親睦会(宴会)してらして、その中のおじちゃんが話している声でわかったとゆーー。


どっちにしても、平成も令和も穏やかな生活が出来ていることに感謝ね。


2019.04.02 Tue l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、年に一度の会社のお花見

と、言いたいところでしたが、雨であえなく中止。

でも宴会の方は実行ということで、会社の中での宴会でした。


お花見の場合、だいたい2時間くらいしたら、自然に解散になるんだけど、室内はあれだね、腰据えちゃう。

結局、4、5時間はウダウダと宴会やってた感じ。

ワタシ何度もビールを買い足しに自販機に走りましたよ。💦


来年はちゃんとお天気になりますようにっ。

2019.03.30 Sat l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日はね、昼間会社に出勤した後、夕方から天王寺で舞台を観ましたよ。

お友だちのご子息が脚本演出のお芝居でした。

普段は全く別のお仕事をしているんだけど、彼にとっては2作目の作品です。

50~60人の小劇場でしたが、パンッパンの満席で90分間の熱気あふれる舞台でした。

想像していたよりもテーマは重く(誘拐、DV)、しかもとてもタイムリー。(もちろん偶然ではあるんだけど)

登場人物は7人と少人数でテーブルと椅子と電話機が置かれていて、大掛かりなセットも場面転換もないシンプルな舞台だったけど、十数年の時を自在に行き来しながら物語は進んでいき、見ている側がそれをとてもすんなり受け入れて、情景や感情を受け止めることが出来たのは、よく出来ているなぁとほんっと感心しました。

ちょっと幼い頃からの彼を知っている身としては、頭の中身を覗いて見てしまったような気恥しさも持ちつつ(親戚のおばちゃん状態やね。(笑))、これからも、益々楽しみですーー。って無責任なことを言うけど、でもきっとそうなるよね。うふふ。



2019.02.03 Sun l たわごと l コメント (0) トラックバック (0) l top